Yoshuaのフォトショップ教室
レタッチャーの Yoshua (ヨシュア) と申します。
希望者にフォトショ講座をしております。

写真を綺麗にしたい、修正したい、レタッチ技術を磨きたいという方を対象に行います。
フォトショ経験者の方はある程度フォトショップの使い方が確率出来てきていると思いますので、
初心者を対象にしたいと思います。 (もちろん経験者でも参考にしたい場合はお問い合わせ下さい)

ー申し込みまでの流れー

最初に簡単なアンケートにお答え頂きます。
場所は 「武蔵小杉」 か 「武蔵中原」 のカフェになります。

デザインの技術を教えるというよりは、フォトショップの使い方、写真を綺麗に見せるコツ、
修正方法を教えていく形になります。




フォトショップが使えると、写真を思いのままに修正出来ます。
暗い写真を明るくしたり、色の修正をしたり、いらないものを消したり、修正したり出来ます。
最近はスマホのアプリ、自動処理でもかなり高度な修正が出来ますが、
人物だと肌がツルツルになりすぎて不自然になったり、ピンポイントでの細かな修正が出来ません。

ー例1 馬の修正−
こちらは馬具をレタッチにて取り除いたものです。




ー例2 肌の修正−
ちょっと生々しいですが、最近のカメラは高解像度です。
原寸で確認すると、肌荒れやシミ、シワ、色々なものが目立っています。
荒れた肌を綺麗に修正する事が出来ます。





ー例3 ペットの修正−
目やにと、目の充血、不自然なシミの修正です。





ー例4 色々な応用−
レタッチに慣れていくと、様々な気になる部分を細く修正する事が出来ます。



レタッチ前後の写真をよーく見比べると、修正した感じがお分かりになるかと思いますが、
一般的にはレタッチ後の写真をみる事になるかと思います。
レタッチ後の写真だけを見たときに、修正した事が分からなければ、テクニックが生きている事になるかと思います。



ー例4 より美しいイメージに−



色、明るさ、彩度、色々な調整で美しいイメージに修正する事が出来ます。
しかし、ただ色を強くする、明るくする、コントラストを上げるだけでは不自然なイメージになります。
不自然を見極める事が出来るようになると、プロが見ても納得出来る仕上がりになります。




フォトショ教室に興味がある方は一度メッセージ下さい。

お問い合わせは こちら からメール下さい。


フォトショップ・アドバイザー Yoshua